27
2014  01:51:34

開陽台と川湯

DSCF7207-1.jpg

前回の続き。
野付半島で再開したセローの青年とはここでお別れ。
彼は南へ、私は西へ走って屈斜路湖と摩周湖の間にある川湯温泉を目指します。


開陽台

DSCF7211-1.jpg

開陽台に向かう途中にあるこの道路、人気の撮影スポットなんですよね。
晴れてたら良かったのにな。

道東っていつも曇りがちで天気悪いイメージなんですが。
でも好きな場所なので、天気悪いと知りつつも毎年来ちゃう。


DSCF7223-1.jpg

2年ぶりに開陽台に来た!
昔はライダーの聖地と言われてたくさんのキャンプライダーで賑わっていたそうです。


DSCF7229-1.jpg


DSCF7226-1.jpg


川湯

DSCF7243-1.jpg

今夜の宿は川湯なのですが、食事が出ないお宿なので早めに夕食。


DSCF7241-1.jpg

オーチャードグラス (食べログ)

お店の方に写真撮って良いか訪ねたら快諾してくださった。
川湯温泉駅の中に入っているお洒落な洋食屋さんでビーフシチューをいただきました。
お肉超やわらか!
今回は頼まなかったけど、デザートも美味しそうだったー。また来よう。


DSCF7247-1.jpg

川湯のシンボル的存在の硫黄山(アトサヌプリ)が見えてきました。
1年ぶりの川湯温泉。

寒いので早めに宿に行って温泉で温まってゆっくりしようと思ったのですが、
前日の宿に上着忘れてきたことに気付いた…( ̄Д ̄;)
仕方なく取りに帰りました。ミルクロードまで片道70kmでした。

いつ野生動物が飛び出してくるかもわからない真っ暗な道を
セローの暗いヘッドライトの光を頼りに往復140km走ってとても疲れました。
蛾がバンバンぶつかってくるし。夜の道東は寒いし。
北海道では夜はなるべく走らないほうがいいですね。

この日のお宿は
EZOライダー川湯営業所のライダーハウス。
北海道までバイクを運んでくださった高栄運輸さんが運営されているお宿です。
ツーリング初日に女満別空港までセローを届けてくださった森山専務と奥様と、望月ミキさんが迎えてくださいました。
ここは去年も泊まったのですが、去年と大分雰囲気が変わっていました。
談話室が出来てコインランドリーが置かれて便利になったし、宿泊者もいっぱいで賑やかでした。

EZOライダー川湯営業所
http://www.ezorider.net/ezodepo/kwayudepo.html
http://www.ezorider.net/ezodepo/rider_house.html

ふかふかお布団で寝られて相部屋1,000円 個室2,000円のライダーハウス。
安すぎ!もっと高くてもいいのにな。
バイクの整備をしてもらうことも出来るし、レンタルバイクもあります。

【関連記事】
野付半島

開陽台と神の子池 (2012年8月)

 北海道'14夏

 EZOライダー 北海道

2 Comments

きゅー  

Re:開陽台と川湯

開陽台に行ってみたくなったよ。
直線道路もステキだし、『昔に賑わっていた場所』というところが良いではないですか!。

北海道は陽が沈むのが早いからねぇ。
西日本に住む私の感覚と全然違う日照時間にビックリしたのを覚えています。

北海道の方に、『夜は走らない方が良いよ』と教えてもらったことがあります。
ゲンコツくらいの虫が飛んでくるし、大きなシカが道路にいるからって。
ソラネコさんが、無事完走出来たので良かったよ。ホッ。

2014/11/29 (Sat) 02:28 | EDIT | REPLY |   

ソラネコ  

>きゅーさん

開陽台はライダーの聖地なのだそうです。
北海道といったらこの景色!みたいな草原と直線道路が広がるいいところなんですー

北海道の日没ってそんなに早かったっけ?
って思って今日の日の入りの時刻を調べたら、
15:49でした(^^;)はやっ!!

ほんと夜は走らないほうがいいですね。
巨大な蛾とかがヘッドライトの光に引き寄せられて
わざとぶつかって来てるきがしました。

2014/12/09 (Tue) 11:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment