26
2014  04:45:52

木曽馬の里と下栗の里

前回の続き。
開田高原の木曽馬の里にやってきました。


DS2_9961-1.jpg

子ども達に青い草をむしって持ってくるように要求する木曽馬さん。


DS2_9965-3.jpg DS2_9963-3.jpg
DS2_9977-3.jpg

木曽馬の説明とか。
昔は日本にはたくさんの在来馬が居たそうですが、
体が小さくて軍用に向かないからと改良され雑種になったり
農業の機械化等でいらない子になったりして、
今ではすっかり数が減ってしまいました。

馬は乗馬用にする以外はあまり使い道が無いみたいです。
かといって乗馬用の需要もそんなに多くないし。
競走馬でも成績があまりよくなくて、
登録抹消されたあとに行方不明になっちゃう子が結構いるんですよね。


DS2_9982-1a.jpg

馬車を引く木曽馬さん


DS2_9985-3.jpg DS2_9989-3.jpg

砂浴びをする木曽馬さん


DSCF9032-1.jpg

蹄が硬く、農耕に使用するくらいだったら蹄鉄を打たなくても平気だったそう。


DSCF9027-1.jpg

DSCF9036-1.jpg

大人しくてかわいいです。


DSCF9048-1.jpg

DSCF9053-1.jpg

その後は国道152号線で南下して、東名高速道路で帰るつもりでした。
途中にあった分杭峠は、中央構造線の真上にあってゼロ磁場だとかって事で有名なパワースポットなんですって。
峠付近は駐車場が無いので、少し手前の駐車スペースからシャトルバスに乗ってこないといけないそうです。

この場所について後でインターネッツで調べたら、ここで汲める水は波動水だとか書かれてたり
糞レンズで逆光で撮った写真や塵が多い場所でストロボ焚いたせいで余計な光が写り込んだ写真を
良いオーラが写ってるとか言って喜んでいる人がたくさんいて、馬鹿すぎて南アルプスの天然水噴いた。
マイナスイオンとかパワースポットとか一体何回騙されたら気が済むの?


DSCF9057-1.jpg

国道152号線は道幅が狭くてクネクネしていて国道というより舗装林道って感じです。
途中に国道未開通区間もあって、舗装林道を使って迂回しないといけない場所もある。
ここは酷道として結構有名な道路なのですね。知らずに来てしまった。
全然ペースが上がらずに疲れる。


DSCF9059-1.jpg

しらびそ高原を経由して、下栗の里へ来ました。
急斜面にある集落で、集落が一望できる展望台に行くには
集落内の狭くて傾斜のきつい道を上らないといけないのですが、
ここに来るまでの道もなかなか酷かったので余裕でした。


DSCF9060-1.jpg

お蕎麦屋さんの前の駐車場にバイクをとめられます。


DSCF9081-1.jpg

駐車場から少し坂を上っていくと、地元の方が整備してくださった遊歩道があります。


DSCF9080-1.jpg

遊歩道をしばらく歩いていくと


DSCF9065-1.jpg

展望台から集落を一望できます。


DSCF9072-1.jpg

バイクで上ってきた道も見えます。
凄い場所にお住まいなのですね。
紅葉の季節に来たらすごくきれいだそうで。

その後は日没後の国道152号線を走るのは嫌なので、飯田方面へ走って松川ICから中央道に乗って帰りました。

2014年9月15日 長野県

【長野ツーリング2014年9月】
上高地その1 大正池~河童橋
上高地その2 河童橋~明神池~バス
奈良井宿
・木曽馬の里と下栗の里

 長野ツーリング'14秋

 長野

0 Comments

Leave a comment