16
2015  00:44:34

競走馬のふるさとの旅 7 ビッグレッドファーム

前回の牧場見学の続きです。レックススタッドの次はビッグレッドファームにやってきました。
二十間道路牧場案内所の方が、車での入り口と見学者用駐車場の場所を教えてくださったので
迷わず行けました。

一口馬主の会員制クラブであるラフィアンターフマンクラブ系の牧場だからなのか、
他のスタリオンと違い、見学時間が長めで10時から16時まで見学できます。

BIG RED FARM
ビッグレッドファーム(競走馬のふるさと案内所)

DSC02728-1.jpg

事務所へ行って、放牧地の案内図を頂いて早速見学に向かいました。
どこの放牧地にどの種牡馬がいるかが記載されていました。


現役馬たち

放牧地に来たはいいのですが、放牧地の案内図を見ても目の前のお馬さんが誰なのかわからず…。
よく見ると無口に名前が書いてあり、種牡馬ではなく現役馬だということがわかりました。
北海道に戻って来て夏休みを過ごしているようです。


マイネルメダリスト
DSC_1944-1.jpg


マイネルミランダス
DSC_1937-1.jpg


マイネルクロップ
DSC_1951-3.jpg DSC_1966-3.jpg


マイネルエスパス
DSC_2065-1.jpg



種牡馬たち

種牡馬さんたちは放牧地ではなく、厩舎に居ました。

アグネスデジタルとハイアーゲーム
DSC_1985-3.jpg DSC_1981-3.jpg


アイルハヴアナザー (I'll Have Another)
DSC_1977-1.jpg

アメリカの二冠馬で、約8億円で輸入された期待の種牡馬だそうです。
初年度産駒は2016年デビュー。


スウィフトカレントとロージズインメイ
DSC_1990-2.jpg DSC_1997-3.jpg


ロサード とアドマイヤマックス
DSC_2005-3.jpg DSC_2007-3.jpg


功労馬 コスモバルク

コスモバルク
DSC_2031-2.jpg DSC_2038-3.jpg

ホッカイドウ競馬所属のまま中央競馬のレースや海外のレースに参戦して勝ってきた凄い馬だそうです。
人懐こい馬で、面白い顔をして笑わせてくれました。
帰ろうとすると、もう帰っちゃうの?って感じでこちらを見ていました。また会おうね~


ゴールドシップが今年の有馬記念を最後に競走馬を引退して、来年からはここビッグレッドファームで種牡馬入りするそうです。
今年の2月に急死したステイゴールドの後継として頑張ってほしいですね。今度見学に来たら会えるかな?

次は、にいかっぷホロシリ乗馬クラブへ。

2015年8月13日 北海道新冠郡

【関連記事】
北海道馬産地めぐり2015年8月
(1日目) 北海道 競走馬のふるさとの旅 12 ノーザンホースパーク3 社台スタリオンステーション4 優駿メモリアルパーク5 新冠サラブレッド銀座
(2日目) 6 レックススタッド7 ビッグレッドファーム8 にいかっぷホロシリ乗馬クラブ9 アロースタッド
(3日目) 10 日高育成牧場見学バスツアー11 うらかわ優駿ビレッジAERU12 日高スタリオンステーション
(4日目) 13 ブリーダーズ・スタリオン・ステーション(前編)14 ブリーダーズ・スタリオン・ステーション(後編)15 札幌競馬場

根岸森林公園と馬の博物館(マイネルキッツ、マイネルネオス 神奈川県)

 北海道馬産地の旅'15.8

 北海道 競馬

0 Comments

Leave a comment